神経衰弱アプリのおすすめを厳選して紹介!スマホで使える人気の神経衰弱アプリ

 

老若男女、誰もがルールを知っているトランプの定番ゲームとして、”神経衰弱”があります。

カードをめくっていくことで場のカードの配置を暗記し、絵柄や数字を揃えているゲームとなっています。

1人で遊ぶことも、2人で対戦形式で遊ぶこともでき、記憶力が試されるトランプゲームとなっています。。

スマホで神経衰弱で遊んでみたいという人には、「神経衰弱アプリ」がおすすめです。

一言で神経衰弱といっても、個性的な絵柄のカードを使っていったり、神経衰弱を用いたバトルであったりと様々なパターンのゲームがあります。。

そんな数多ある、神経衰弱アプリの中で、おすすめの人気神経衰弱アプリを厳選してみました。

様々な方向から、あらゆるルールで、楽しく神経衰弱で遊んでいけるようになっています。

iPhone・iOS、Androidに対応をしていて、ダウンロードは無料でできるようになっています。

 

おすすめの神経衰弱アプリ

神経衰弱forモバイル

神経衰弱forモバイル(無料トランプ・カードゲーム)
開発元:SAIPRESS

 

26枚のカードを使って、シンプルな画面で神経衰弱をしていくトランプアプリが、「神経衰弱forモバイル」です。

AからKまでのカードを2枚1組にして、計26枚のカードを使っていきます。

AIとの1対1での対戦をしていくことができます。

ゲームの中では、初級、中級、上級の3段階のレベルで遊べます。

初級だったとしても、ある程度の強さを持ったAIと戦えるようになっています。

自分の好きなレベルの敵を選んで、プレイをしていくことになります。

また、カードの柄や背景といったデザインを自由自在にカスタマイズしていくことができます。

「神経衰弱forモバイル」は、シンプルな画面で、強敵と神経衰弱をプレイしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

回転式神経衰弱

回転式神経衰弱
開発元:Wado CO., LTD.

 

高速回転していく、きらめくカードで神経衰弱をプレイしていくことができるカードゲームアプリが、「回転式神経衰弱」です。

カードは円形状に配置されています。

これらのカードが、クルクルと回転をしていきます。

ードをめくって、回るカードの絵柄を覚えつつ、絵柄を合わせていく独特のゲームを楽しむことができます。

ステージをクリアすると、次のステージへと上がっていきます。

ステージごとに、どんどんとカードの回転速度が上がっていくことになります。

ステージが上がれば、目で追えずに、狙ってタッチすることも難しいほどの速度で回転をしていきます。

「回転式神経衰弱」は、高速回転していく輝くカードで神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

めくって探索 – 神経衰弱型ダンジョン探索

めくって探索 – 神経衰弱型ダンジョン探索
開発元:shingo asato

 

神経衰弱でカードをめくり、ダンジョン探索を進めていくカードゲームアプリが、「めくって探索」です。

ゲームでは、神経衰弱なのに3Dグラフィックとなっています。

カードをめくると、モンスター、探索、回復、トラップ、宝箱、ボス、扉などがでてきます。

これらを揃えて、ダンジョン探索を進めていくことになります。

モンスターやボスカードを揃えれば、バトルが開始されます。

バトルは、自分で相手モンスターに突っ込んでいくシンプルな仕様となっています。

武器や防具の装備を整え、ステータスを上げていくことによって、強敵たちと熱いバトルを繰り広げていくことになります。

「めくって探索」は、カードをめくってダンジョン探索を進め、モンスターたちと戦っていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

神経衰弱できるもん おすしやさん

神経衰弱できるもん おすしやさん
開発元:Qualia Systems Inc.

 

美味しそうなお寿司屋さんのメニューで、神経衰弱をプレイしていくことができるカードゲームアプリが、この「神経衰弱できるもん おすしやさん」です。

中トロ、はまち、赤貝、いなり、ほたて、いくら、たこ、いか、サーモン、うに、しめさば、えび、玉子といった握り寿司から、シーチキン軍艦、ネギトロ巻き、かっぱ巻き、コーンサラダ軍艦、カリフォルニアロールといった巻き寿司、さらにはあら汁、みそ汁、茶碗蒸し、がりまで、お寿司屋さんのメニューのカードがでてきます。

ゲームモードとしては、「超やさしい」「易しい」「普通」「難しい」などの難易度があります。

「神経衰弱できるもん おすしやさん」は、お寿司屋さんのメニューによって、神経衰弱をしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

珍景衰弱

珍景衰弱 ‐ ちょっと不思議な無料の神経衰弱 by ワンダーJAPAN
開発元:THOMSON Inc.

 

ちょっと不思議な雰囲気で神経衰弱をプレイできるトランプアプリが、この「珍景衰弱」です。

変な顔過ぎる大仏様や、笑顔ふりまくかわいいガスタンク、SF映画の基地にしか見えない工場など、楽しさと驚きに満ちた日本の珍スポットがカード化されています。

これらのカードを使って、不思議な雰囲気でトランプゲームの”神経衰弱”を楽しめるようになっています。

ゲーム内には、超やさしい、やさしい、ふつう、難しいなどの難易度が用意されています。

また、一人でだけではなく、二人対戦もすることができます。

ゲームをクリアすれば、無駄にテンションの高いアニメーションも見られます。

「珍景衰弱」は、日本の珍景カードを使って、神経衰弱で遊べるトランプアプリとなっています。

 

 

ヘンコちゃんになりたくて カードファイト

ヘンコちゃんになりたくて カードファイト – 激闘!神経衰弱バトル
開発元:TAKUYA KODAMA

 

”格闘”と”神経衰弱”が融合した、新感覚のトランプゲームアプリが、「ヘンコちゃんになりたくて カードファイト」です。

自己顕示欲こじらせ女子高生の痛い青春が描かれた世界観で、ゲームを進めていきます。

ゲーム内では、神経衰弱同様に、同じカードをめくると”攻撃”や”回復”をすることができます。

攻撃、ガード、必殺技といった多彩なアクションを繰り出し、対戦相手をノックダウンをすることを目指してプレイしていくことになります。

全3モード、27ステージが用意されています。

これらのステージによって、勝ち抜き戦をしていくことになります。

また、ステージをクリアするとミュージックやイラストのコレクションをすることができ、これらをコンプリートすることも目指していきます。

「ヘンコちゃんになりたくて カードファイト」は、熱く激しい神経衰弱バトルをしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

アリスの絵あわせ

アリスの絵あわせ-萌える暇つぶしトランプゲーム
開発元:Masayo Sasaki

 

不思議な国で、萌え萌えな神経衰弱をすることができるカードゲームアプリが、この「アリスの絵あわせ」です。

可愛いアリスと、キュートな世界観でゲームをしていくことができます。

ゲーム内には、1〜18まで1組みづつ36枚のカードがでてきます。

これらのカードの数字を合わせていくことによって、神経衰弱をしていきます。

ちょっとしたスキマ時間で、記憶力を試されるゲームをしていくことができます。

ゲームをクリアすると、アリスをはじめとして、可愛い少女のイラストがでてきます。

全てのイラストを見ることを目指して、プレイしていくことになります。

「アリスの絵あわせ」は、アリスたちとキュートな世界観で神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

くまモンの神経衰弱

くまモンの神経衰弱
開発元:Kazutaka Sato

 

トランプゲームの定番「神経衰弱」に、熊本の大人気キャラクター「くまモン」が登場したトランプアプリが、この「くまモンの神経衰弱」です。

可愛らしいくまモンのイラストが書かれたカードで、神経衰弱をしていくことができます。

このゲームでは、「1人対戦モード」と「2人対戦モード」の2つがあります。

1人対戦モードでは、「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「激むず」の4つの難易度が用意されています。

「激むず」では、ほぼミスをしない最強のコンピューターと戦っていくことができます。

2人対戦モードでは、1台のスマホを使って、2人で神経衰弱を楽しんでいくことができます。

「くまモンの神経衰弱」は、くまモンと一緒に神経衰弱で遊べるトランプアプリとなっています。

 

 

脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟

脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟
開発元:Qualia Systems Inc.

 

「宇宙兄弟」は、アニメ化、映画化もされた日本中で人気の漫画です。

宇宙を目指す兄弟を中心にした物語が描かれています。

「脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟」では、そんな「宇宙兄弟」の登場人物たちのカードによって神経衰弱をプレイすることができます。

南波六太、南波日々人、伊東せりか、真壁ケンジなどのカードがでてきます。

ゲーム内には、「Easy」「Normal」「Hard」の3つの難易度が用意をされています。

ゲームをクリアすると、宇宙兄弟のシーンが切り取られた”思い出のアルバム”が手に入ります。

宇宙兄弟の名シーンの数々を見ていくことができます。

”思い出のアルバム”のコレクションをコンプリートしていく楽しみもあります。

「脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟」は、宇宙兄弟の登場人物たちで神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

神経衰弱バトル

神経衰弱バトル
開発元:TAKUYA KODAMA

 

神経衰弱によって、動物たちとバトルをしていくことになるカードゲームアプリが、「神経衰弱バトル」です。

舞台は、エルフと動物たちが通う森の学校です。

エルフの女の子“メリル”が、クラスメイトの動物たちと不思議な力が宿る“神経衰弱カード”で、白熱のバトルを繰り広げていくことになります。

基本ルールは神経衰弱と同じです。

神経衰弱の要領で、交互にカードをめくっていきます。

カードには攻撃、回復があり、これらのカードを揃えることによって、相手に攻撃をしていくことができます。

相手のHPを0にすることを目指して、プレイしていくことになります。

ゲーム内にはアイテムがあり、これらを上手に使っていくことも勝利を手にする重要な鍵となってきます。

「神経衰弱バトル」は、神経衰弱で、コンボを決めて大ダメージを与えていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

シーン系衰弱 – 浦安鉄筋家族

シーン系衰弱 – 浦安鉄筋家族
開発元:RedinC Co.,Ltd.

 

”浦安鉄筋家族”の名シーンで神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリが、「シーン系衰弱 浦安鉄筋家族」です。

浦鉄の世界がギュっと詰まった爆笑必至のカジュアルゲームとなっています。

小鉄軍団がスマホで大暴れをしていきます。

ゲームを開始すると12枚のカードが表示されています。

これらのカードの配置を5秒以内に暗記します。

その後、カードが全て裏返り、春巻先生が持っているカードがどれかを当てていきます。

クリアタイムをランキングで競ったり、名シーンカードをコレクションしていく楽しみもあります。

「シーン系衰弱 浦安鉄筋家族」は、”浦安鉄筋家族”の名シーンで神経衰弱をプレイしていくことができるカードゲームアプリとなっています。

 

 

トランプ神経衰弱

トランプ神経衰弱
開発元:Yuki Honda

 

誰もがやったことがあるトランプの定番ゲーム「神経衰弱」があります。

その神経衰弱をスマホでしていくことができるトランプアプリが、この「トランプ神経衰弱」です。

ゲームを開始すると、画面に20枚10ペアのカードが裏向きで配布されます。

これらのカードを2枚づつめくっていきます。

同じ数字が出れば、カードが場からなくなります。

記憶力が試されるゲームとなっています。

ゲーム内ではかかった時間やめくった回数が計測されているので、それらのデータを見ることができます。

「神経衰弱」は、非常にシンプルな画面で神経衰弱をしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

リリィ神経衰弱

リリィ神経衰弱
開発元:Businessdeco Co.,Ltd.

 

超キュートな愛玩ロボット・リリィが活躍する漫画の「リリィがヤラせてあげる❤」が、神経衰弱となったトランプアプリが「リリィがヤラせてあげる❤」です。

「リリィがヤラせてあげる❤」は、佐藤沙緒理による大人向けの漫画です。

このアプリは、リリィと一緒に遊んでいくことができる神経衰弱のゲームとなっています。

ゲーム内には、全部で9つのステージが用意されています。

それぞれのステージをクリアすると「リリィがヤラせてあげる❤」の秘蔵壁紙をもらうことができます。

手に入れた画像は、スマホに簡単に保存をしていくことが可能となっています。

「リリィがヤラせてあげる❤」は、セクシーなロボットのリリィと一緒に神経衰弱をプレイしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

関ヶ原遊戯 ~神経衰弱~

関ヶ原遊戯 ~神経衰弱~【無料で遊べる戦国カードパズルゲーム】
開発元:BLUE PRINT Inc.

 

戦国武将たちのカードで神経衰弱をプレイしていくことができるカードゲームアプリが、この「関ヶ原遊戯 ~神経衰弱~」です。

ゲーム内には、戦国武将たちがカッコいいカードとなって登場をしてきます。

織田信長、徳川家康、伊達政宗、本多忠勝、黒田長政、加藤清正、福島正則、藤堂高虎…といった有名武将たちがカード化をされています。

ゲームでは、3つのステージで神経衰弱をプレイしていきます。

制限時間以内に、全てのペアを揃えていくことを目指していくことになります。

また、戦国武将のカードをコレクションしていくことができ、コンプリートしていく楽しみもあります。

「関ヶ原遊戯 ~神経衰弱~」は、織田信長、明智光秀などの有名武将たちのカードで神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

ガリガリ君 神経衰弱

ガリガリ君 神経衰弱
開発元:E2Info, Inc.

 

長年愛され続けているアイスの”ガリガリ君”が神経衰弱として遊んでいくことができるカードゲームアプリが、この「ガリガリ君 神経衰弱」です。

ゲーム内では、ガリガリ君まみれの内容となっています。

難易度としては、「やさしい(12枚)」と「むずかしい(20枚)」の2コースがあります。

ソーダ味、オレンジ味、レモンスカッシュ味、ナポリタン味と歴代のガリガリ君のパッケージ画像がカードとなっています。

これらのカードで神経衰弱をプレイしていくことになります。

また、パッケージ画像のカードはコレクションをすることもできます。

コレクションのコンプリートを目指してプレイしていくことになります。

「ガリガリ君 神経衰弱」は、ガリガリ君によって神経衰弱をプレイすることができるカードゲームアプリとなっています。

 

 

稲川淳二の神経衰弱

稲川淳二の神経衰弱
開発元:ビジネスデコ株式会社

 

神経衰弱で遊びながら稲川淳二の怪談を読める恐怖のカードゲームアプリが、この「稲川淳二の神経衰弱」です。

バラバラに散った同じ絵柄のカードが表示されます。

それを2枚を揃えると、対になるカードが消えます。

パターンは暗記型、ノーマルな神経衰弱、○回失敗でゲームオーバーなど多彩です。

怖い絵柄のカードで神経衰弱をしていくことになります。

全9つのステージがあり、ステージをクリアすると、稲川淳二の怪談が手に入ります。

これらの怪談をコレクションを目指していくことになります。

「稲川淳二の神経衰弱」は、神経衰弱で遊びながら稲川淳二の怪談を読める恐怖カードゲームアプリとなっています。

 

 

神経衰弱 Melancholy 2

神経衰弱 Melancholy 2
開発元:iWeave, Inc.

 

愉快な動物たちのカードで神経衰弱をプレイすることができるカードゲームアプリが、この「神経衰弱 Melancholy 2」です。

動物たちのカード、水生生物たちのカード、空の動物たちのカード、カエルたちのカードなどがあります。

これらのカードによって、楽しく神経衰弱で遊んでいくことができます。

ゲーム内では、4段階のレベルのコンピューターたちと対戦をしていくことができます。

「よわい」「ふつう」「強い」「最強」の中から好きなレベルを選択していきます。

「最強」では、ほぼノーミスのかなり手強い敵と対戦をすることができるようになっています。

「神経衰弱 Melancholy 2」は、動物たちのカードで楽しく神経衰弱をすることができるカードゲームアプリとなっています。

 

 

くまのがっこう 神経衰弱バトル

くまのがっこう 神経衰弱バトル – 絵本5冊つき
開発元:TAKUYA KODAMA

 

可愛いくまたちと一緒にカードをめくって神経衰弱バトルをしていくことができるカードゲームアプリが、「くまのがっこう 神経衰弱バトル」です。

「くまのがっこう」に登場をする12匹のくまの子兄弟たちと、勝ち抜き戦をしていくことになります。

ゲーム内には、攻撃、回復などのカードがでてきます。

通常の神経衰弱同様に、これらのカードをめくって、ペアを揃えていくことになります。

相手のHPをゼロにしていくことを目指して、神経衰弱バトルをしていくことになります。

ゲームをクリアすると絵本をゲットすることができます。

これらの絵本をコレクションしていく楽しみもあります。

「くまのがっこう 神経衰弱バトル」は、くまたちと神経衰弱バトルを楽しめるカードゲームアプリとなっています。

 

 

脳トレ!神経衰弱・四字熟語

脳トレ!神経衰弱・四字熟語
開発元:Topleftsoft LLC

 

前後に分断された、四字熟語を揃える”神経衰弱”をプレイしていくことができるカードゲームアプリが、この「脳トレ!神経衰弱・四字熟語」です。

四字熟語で神経衰弱をしながら、脳トレもしていくことができるアプリとなっています。

ゲームを開始すると前後2字ずつに分断された、四字熟語が表示されます。

これらのカードがランダムにシャッフルをされていきます。

全ての四字熟語を完成させるとクリアとなります。

クリアタイムや間違えた回数によってスコアが表示され、このスコアを伸ばすことを目指してプレイをしていくことになります。

「脳トレ!神経衰弱・四字熟語」は、四字熟語によって神経衰弱を遊んでいくことができるカードゲームアプリとなっています。

 

 

おすし神経衰弱

おすし神経衰弱
開発元:Yasukazu Umekita

 

お寿司のカードを使って、トランプの定番ゲームの神経衰弱で勝負をしていくトランプアプリが「おすしの神経衰弱」です。

神経衰弱で、自分の記憶力を試しながら、一人で遊んでいくことができます。

マグロ赤身、マグロ中トロ、マグロ大トロ、アナゴ、ブリ、えんがわ、ホタテ、イカ、イクラ、タイ、玉子など、”お寿司”のイラストが書かれたカードが多くでてきます。

ゲームの難易度としては、「やさしい」「きびしい」の2段階が用意されています。

それぞれの難易度によって、神経衰弱でめくっていくカードの枚数が変わっていきます。

ゲームで遊ぶと、お寿司図鑑をコレクションできます。

全ての”お寿司”を集めて、図鑑を完成させる楽しみもあります。

「おすしの神経衰弱」は、お寿司のカードによって、トランプのスピードで勝負をしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

世界名作劇場神経衰弱

世界名作劇場神経衰弱
開発元:Janime.com CO.,LTD.

 

世界名作劇場に登場をしてくるキャラクターたちと、神経衰弱で遊んでいくことができるトランプアプリが、「世界名作劇場神経衰弱」です。

ラスカルやパトラッシュ、ネロに赤毛のアンたちといった世界名作劇場のキャラクターたちが、プチっとした可愛らしいデザインのカードとして登場をしてきます。

彼らで神経衰弱をプレイすることができるようになっています。

二枚のカードを合わせるだけのシンプルで非常に簡単なルールです。

子供から大人まで楽しめるような内容となっています。

ちょっとしたスキマ時間で遊べるようなゲームとなっています。

「世界名作劇場神経衰弱」は、ラスカルやパトラッシュ、ネロに赤毛のアンたちと神経衰弱で遊んでいくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

LovePlan~大人の神経衰弱~

LovePlan~大人の神経衰弱~ 女性向けカジュアルゲーム
開発元:Ranja, inc.

 

5人のイケメンたちと神経衰弱で遊んでいくことができるカードゲームアプリが、「LovePlan~大人の神経衰弱~」です。

知的な自信家、明るい遊び人、優しさの裏に見える腹黒、気まぐれな俺様性格、寡黙で硬派の個性的な性格を持つイケメンたちがでてきます。

彼らと大人の”ドキドキ”神経衰弱をプレイすることができます。

裏返しになっている16枚のカードから、4枚の同じ絵柄を揃えていくことになります。

4枚という、少し多めのカードを覚えていく必要があります。

それぞれのカードには、5人のイケメンたちのイラストが書かれています。

「LovePlan~大人の神経衰弱~」は、個性的なイケメンたちと”ドキドキ”神経衰弱をプレイすることができるカードゲームアプリとなっています。

 

 

ふにゃふにゃ神経寿司弱

ふにゃふにゃ神経寿司弱
開発元:Kouichi Matsuhashi

 

シャリをタッチしてネタを揃えていく神経衰弱アプリが、この「ふにゃふにゃ神経寿司弱」です。

ゲームを開始すると、場には大量のシャリが用意されています。

これらをタッチするとマグロ、うに、いくら、玉子、サーモン、たこ、イカといったネタが表示されます。

これらのネタを揃えていく戦略性の高いゲームを楽しんでいくことができます。

それぞれのネタは、400pt、200pt、150pt、100ptと違ったポイントが割り振られています。

どのネタを狙っていくのかの戦略が重要となってきます。

最終ポイントが多かった方が勝利となります。

「ふにゃふにゃ神経寿司弱」は、寿司を使って神経衰弱を楽しむことができるゲームアプリとなっています。

 

 

神経衰弱 ゲーム ニュルンベルク動物園

神経衰弱 ゲーム ニュルンベルク動物園
開発元:SHARK Intelligence

 

ニュルンベルク動物園の動物たちの写真で神経衰弱をしていくカードゲームアプリが、この「神経衰弱 ゲーム ニュルンベルク動物園」です。

動物たちの写真としては、ペンギン、キリン、トラ、アシカ、レッサーパンダなどがでてきます。

動物たちと、楽しく神経衰弱をプレイしていくことができます。

ゲームをクリアすると、正解、不正解、クリア時間といった記録が表示をされてきます。

これらの記録を伸ばしていくことを目指してプレイしていくことになります。

「神経衰弱 ゲーム ニュルンベルク動物園」は、ニュルンベルク動物園の可愛い動物たちの写真で、神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

妖怪の神経衰弱

妖怪の神経衰弱(絵合わせ)
開発元:Yasukazu Umekita

 

妖怪のカードを使って、トランプの定番ゲームの神経衰弱で勝負をしていくトランプアプリが「妖怪の神経衰弱」です。

神経衰弱で、自分の記憶力を試しながら、一人で遊んでいくことができます。

天邪鬼、河童、ぬらりひょん、九尾、雪女、一つ目小僧、座敷わらしなど、”妖怪”のイラストが書かれたカードが多くでてきます。

ゲームの難易度としては、「やさしい」「きびしい」の2段階が用意されています。

それぞれの難易度によって、神経衰弱でめくっていくカードの枚数が変わっていきます。

ゲームで遊ぶと、妖怪図鑑をコレクションできます。

全ての”妖怪”を集めて、図鑑を完成させる楽しみもあります。

「妖怪の神経衰弱」は、妖怪のカードによって、トランプのスピードで勝負をしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

パンの神経衰弱

パンの神経衰弱(絵合わせ)
開発元:Yasukazu Umekita

 

パンのカードを使って、トランプの定番ゲームの神経衰弱で勝負をしていくトランプアプリが「パンの神経衰弱」です。

神経衰弱で、自分の記憶力を試しながら、一人で遊んでいくことができます。

メロンパン、カレーパン、食パン、クロワッサン、ピザ、チョココロネ、フランスパンなど、”パン”の写真のカードが多くでてきます。

ゲームの難易度としては、「やさしい」「きびしい」の2段階が用意されています。

それぞれの難易度によって、神経衰弱でめくっていくカードの枚数が変わっていきます。

ゲームで遊ぶと、パン図鑑をコレクションできます。

全ての”パン”を集めて、図鑑を完成させる楽しみもあります。

「パンの神経衰弱」は、パンのカードによって、トランプのスピードで勝負をしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

暗殺マッチ

暗殺マッチ
開発元:yushi nakayama

 

殺先生をすばやく覚えてマッチさせるドキドキ神経衰弱を楽しめるカードゲームアプリが、この「暗殺マッチ」です。

ゲームを開始すると、様々な表情をした殺先生が表示をされます。

これらを素早く覚えていくことになります。

一定の時間が経つと、それらのカードが裏返しにされていきます。

これらをできるだけ素早くマッチさせることによって、神経衰弱をプレイしていくことになります。

プレイが終了すると、今回のゲームのスコアが表示をされていきます。

ランキングも見ることができるので、ランキング上位や自分のベストスコアを目指して遊んでいくことになります。

「暗殺マッチ」は、様々な表情をした殺先生で、神経衰弱をしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

乗り物の神経衰弱

乗り物の神経衰弱
開発元:Yasukazu Umekita

 

乗り物のカードを使って、トランプの定番ゲームの神経衰弱で勝負をしていくトランプアプリが「乗り物の神経衰弱」です。

神経衰弱で、自分の記憶力を試しながら、一人で遊んでいくことができます。

パトカー、消防車、救急車、電車、飛行機、新幹線、汽車、潜水艦、気球など、”乗り物”のイラストが書かれたカードが多くでてきます。

ゲームの難易度としては、「やさしい」「きびしい」の2段階が用意されています。

それぞれの難易度によって、神経衰弱でめくっていくカードの枚数が変わっていきます。

ゲームで遊ぶと、乗り物怪図鑑をコレクションできます。

全ての”乗り物”を集めて、図鑑を完成させる楽しみもあります。

「乗り物の神経衰弱」は、乗り物のカードによって、トランプのスピードで勝負をしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

最後に

この記事では、スマホで神経衰弱をすることができる神経衰弱アプリのおすすめアプリを厳選して紹介してきました。

楽しく遊べるトランプの定番ゲームで、対戦形式など、多種多様なタイプのゲームを楽しんでいくことができます。

それぞれのアプリが、AndroidかiPhone・iOS、またはその両方に対応をしています。

どのアプリもダウンロードは無料でできるので、使ってみたいものがあればダウンロードしてみてください。

※記事に書かれている内容は更新時点のものであり、現在とは変更されている可能性あります。