神経衰弱アプリのおすすめを厳選して紹介!

 

老若男女、誰もがルールを知っているトランプの定番ゲームとして、”神経衰弱”があります。

カードをめくっていくことで場のカードの配置を暗記し、絵柄や数字を揃えているゲームとなっています。

1人で遊ぶことも、2人で対戦形式で遊ぶこともでき、記憶力が試されるトランプゲームとなっています。

スマホで神経衰弱で遊んでみたいという人には、「神経衰弱アプリ」がおすすめです。

一言で神経衰弱といっても、個性的な絵柄のカードを使っていったり、神経衰弱を用いたバトルであったりと様々なパターンのゲームがあります。

そんな数多ある、神経衰弱アプリの中で、おすすめの人気神経衰弱アプリを厳選してみました。

様々な方向から、あらゆるルールで、楽しく神経衰弱で遊んでいけるようになっています。

iPhone・iOS、Androidに対応をしていて、ダウンロードは無料でできるようになっています。

 

おすすめの神経衰弱アプリ

神経衰弱forモバイル

神経衰弱forモバイル(無料トランプ・カードゲーム)
開発元:SAIPRESS

 

26枚のカードを使って、シンプルな画面で神経衰弱をしていくトランプアプリが、「神経衰弱forモバイル」です。

AからKまでのカードを2枚1組にして、計26枚のカードを使っていきます。

AIとの1対1での対戦をしていくことができます。

ゲームの中では、初級、中級、上級の3段階のレベルで遊べます。

初級だったとしても、ある程度の強さを持ったAIと戦えるようになっています。

自分の好きなレベルの敵を選んで、プレイをしていくことになります。

また、カードの柄や背景といったデザインを自由自在にカスタマイズしていくことができます。

「神経衰弱forモバイル」は、シンプルな画面で、強敵と神経衰弱をプレイしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

回転式神経衰弱

回転式神経衰弱
開発元:Wado CO., LTD.

 

高速回転していく、きらめくカードで神経衰弱をプレイしていくことができるカードゲームアプリが、「回転式神経衰弱」です。

カードは円形状に配置されています。

これらのカードが、クルクルと回転をしていきます。

ードをめくって、回るカードの絵柄を覚えつつ、絵柄を合わせていく独特のゲームを楽しむことができます。

ステージをクリアすると、次のステージへと上がっていきます。

ステージごとに、どんどんとカードの回転速度が上がっていくことになります。

ステージが上がれば、目で追えずに、狙ってタッチすることも難しいほどの速度で回転をしていきます。

「回転式神経衰弱」は、高速回転していく輝くカードで神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

めくって探索 – 神経衰弱型ダンジョン探索

めくって探索 – 神経衰弱型ダンジョン探索
開発元:shingo asato

 

神経衰弱でカードをめくり、ダンジョン探索を進めていくカードゲームアプリが、「めくって探索」です。

ゲームでは、神経衰弱なのに3Dグラフィックとなっています。

カードをめくると、モンスター、探索、回復、トラップ、宝箱、ボス、扉などがでてきます。

これらを揃えて、ダンジョン探索を進めていくことになります。

モンスターやボスカードを揃えれば、バトルが開始されます。

バトルは、自分で相手モンスターに突っ込んでいくシンプルな仕様となっています。

武器や防具の装備を整え、ステータスを上げていくことによって、強敵たちと熱いバトルを繰り広げていくことになります。

「めくって探索」は、カードをめくってダンジョン探索を進め、モンスターたちと戦っていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

神経衰弱できるもん おすしやさん

神経衰弱できるもん おすしやさん
開発元:Qualia Systems Inc.

 

美味しそうなお寿司屋さんのメニューで、神経衰弱をプレイしていくことができるカードゲームアプリが、この「神経衰弱できるもん おすしやさん」です。

中トロ、はまち、赤貝、いなり、ほたて、いくら、たこ、いか、サーモン、うに、しめさば、えび、玉子といった握り寿司から、シーチキン軍艦、ネギトロ巻き、かっぱ巻き、コーンサラダ軍艦、カリフォルニアロールといった巻き寿司、さらにはあら汁、みそ汁、茶碗蒸し、がりまで、お寿司屋さんのメニューのカードがでてきます。

ゲームモードとしては、「超やさしい」「易しい」「普通」「難しい」などの難易度があります。

「神経衰弱できるもん おすしやさん」は、お寿司屋さんのメニューによって、神経衰弱をしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

珍景衰弱

珍景衰弱 ‐ ちょっと不思議な無料の神経衰弱 by ワンダーJAPAN
開発元:THOMSON Inc.

 

ちょっと不思議な雰囲気で神経衰弱をプレイできるトランプアプリが、この「珍景衰弱」です。

変な顔過ぎる大仏様や、笑顔ふりまくかわいいガスタンク、SF映画の基地にしか見えない工場など、楽しさと驚きに満ちた日本の珍スポットがカード化されています。

これらのカードを使って、不思議な雰囲気でトランプゲームの”神経衰弱”を楽しめるようになっています。

ゲーム内には、超やさしい、やさしい、ふつう、難しいなどの難易度が用意されています。

また、一人でだけではなく、二人対戦もすることができます。

ゲームをクリアすれば、無駄にテンションの高いアニメーションも見られます。

「珍景衰弱」は、日本の珍景カードを使って、神経衰弱で遊べるトランプアプリとなっています。

 

 

ヘンコちゃんになりたくて カードファイト

ヘンコちゃんになりたくて カードファイト – 激闘!神経衰弱バトル
開発元:TAKUYA KODAMA

 

”格闘”と”神経衰弱”が融合した、新感覚のトランプゲームアプリが、「ヘンコちゃんになりたくて カードファイト」です。

自己顕示欲こじらせ女子高生の痛い青春が描かれた世界観で、ゲームを進めていきます。

ゲーム内では、神経衰弱同様に、同じカードをめくると”攻撃”や”回復”をすることができます。

攻撃、ガード、必殺技といった多彩なアクションを繰り出し、対戦相手をノックダウンをすることを目指してプレイしていくことになります。

全3モード、27ステージが用意されています。

これらのステージによって、勝ち抜き戦をしていくことになります。

また、ステージをクリアするとミュージックやイラストのコレクションをすることができ、これらをコンプリートすることも目指していきます。

「ヘンコちゃんになりたくて カードファイト」は、熱く激しい神経衰弱バトルをしていくことができるトランプアプリとなっています。

 

 

アリスの絵あわせ

アリスの絵あわせ-萌える暇つぶしトランプゲーム
開発元:Masayo Sasaki

 

不思議な国で、萌え萌えな神経衰弱をすることができるカードゲームアプリが、この「アリスの絵あわせ」です。

可愛いアリスと、キュートな世界観でゲームをしていくことができます。

ゲーム内には、1〜18まで1組みづつ36枚のカードがでてきます。

これらのカードの数字を合わせていくことによって、神経衰弱をしていきます。

ちょっとしたスキマ時間で、記憶力を試されるゲームをしていくことができます。

ゲームをクリアすると、アリスをはじめとして、可愛い少女のイラストがでてきます。

全てのイラストを見ることを目指して、プレイしていくことになります。

「アリスの絵あわせ」は、アリスたちとキュートな世界観で神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

くまモンの神経衰弱

くまモンの神経衰弱
開発元:Kazutaka Sato

 

トランプゲームの定番「神経衰弱」に、熊本の大人気キャラクター「くまモン」が登場したトランプアプリが、この「くまモンの神経衰弱」です。

可愛らしいくまモンのイラストが書かれたカードで、神経衰弱をしていくことができます。

このゲームでは、「1人対戦モード」と「2人対戦モード」の2つがあります。

1人対戦モードでは、「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「激むず」の4つの難易度が用意されています。

「激むず」では、ほぼミスをしない最強のコンピューターと戦っていくことができます。

2人対戦モードでは、1台のスマホを使って、2人で神経衰弱を楽しんでいくことができます。

「くまモンの神経衰弱」は、くまモンと一緒に神経衰弱で遊べるトランプアプリとなっています。

 

 

脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟

脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟
開発元:Qualia Systems Inc.

 

「宇宙兄弟」は、アニメ化、映画化もされた日本中で人気の漫画です。

宇宙を目指す兄弟を中心にした物語が描かれています。

「脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟」では、そんな「宇宙兄弟」の登場人物たちのカードによって神経衰弱をプレイすることができます。

南波六太、南波日々人、伊東せりか、真壁ケンジなどのカードがでてきます。

ゲーム内には、「Easy」「Normal」「Hard」の3つの難易度が用意をされています。

ゲームをクリアすると、宇宙兄弟のシーンが切り取られた”思い出のアルバム”が手に入ります。

宇宙兄弟の名シーンの数々を見ていくことができます。

”思い出のアルバム”のコレクションをコンプリートしていく楽しみもあります。

「脳トレ!神経衰弱 宇宙兄弟」は、宇宙兄弟の登場人物たちで神経衰弱をプレイしていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

神経衰弱バトル

神経衰弱バトル
開発元:TAKUYA KODAMA

 

神経衰弱によって、動物たちとバトルをしていくことになるカードゲームアプリが、「神経衰弱バトル」です。

舞台は、エルフと動物たちが通う森の学校です。

エルフの女の子“メリル”が、クラスメイトの動物たちと不思議な力が宿る“神経衰弱カード”で、白熱のバトルを繰り広げていくことになります。

基本ルールは神経衰弱と同じです。

神経衰弱の要領で、交互にカードをめくっていきます。

カードには攻撃、回復があり、これらのカードを揃えることによって、相手に攻撃をしていくことができます。

相手のHPを0にすることを目指して、プレイしていくことになります。

ゲーム内にはアイテムがあり、これらを上手に使っていくことも勝利を手にする重要な鍵となってきます。

「神経衰弱バトル」は、神経衰弱で、コンボを決めて大ダメージを与えていくカードゲームアプリとなっています。

 

 

※記事に書かれている内容は更新時点のものであり、現在とは変更されている可能性あります。