稲川淳二の神経衰弱 – 神経衰弱で遊びながら稲川淳二の怪談を読める恐怖カードゲームアプリ

稲川淳二の神経衰弱
開発元:ビジネスデコ株式会社

 

神経衰弱で遊びながら稲川淳二の怪談を読める恐怖のカードゲームアプリが、この「稲川淳二の神経衰弱」です。

バラバラに散った同じ絵柄のカードが表示されます。

それを2枚を揃えると、対になるカードが消えます。

パターンは暗記型、ノーマルな神経衰弱、○回失敗でゲームオーバーなど多彩です。

怖い絵柄のカードで神経衰弱をしていくことになります。

全9つのステージがあり、ステージをクリアすると、稲川淳二の怪談が手に入ります。

これらの怪談をコレクションを目指していくことになります。

「稲川淳二の神経衰弱」は、神経衰弱で遊びながら稲川淳二の怪談を読める恐怖カードゲームアプリとなっています。

 

「稲川淳二の神経衰弱」のおすすめポイント!!

ここからは、カードゲームアプリの「稲川淳二の神経衰弱」について、より詳しくおすすめポイントを紹介していきます。

 

恐怖の神経衰弱

「稲川淳二の神経衰弱」は、神経衰弱で遊びながら稲川淳二の怪談を読める恐怖のカードゲームアプリとなっています。

バラバラに散った同じ絵柄のカードが表示され、それを2枚を揃えると、対になるカードが消えます。

怖い絵柄のカードで神経衰弱をしていくことになります。

 

9つのステージに挑戦していく

ゲーム内には、全部で9つのステージが用意されています。

パターンは暗記型、ノーマルな神経衰弱、○回失敗でゲームオーバーなど、少し違った神経衰弱をプレイしていきます。

全てのステージをクリアすることを目指していくことになります。

 

怪談をコレクションしていく

それぞれのステージをクリアするごとに、稲川淳二の怪談を手に入れることができます。

恐ろしい話の全容が少しづつ明らかになっていきます。

全ての稲川淳二の怪談をコレクションしていくことも目標のひとつとなっています。

 

ダウンロードしてみましょう

スマホでできるおすすめのカードゲームアプリ「稲川淳二の神経衰弱」について紹介してきました。

iPhone・iOSに対応をしています。

神経衰弱で遊びながら稲川淳二の怪談を読める恐怖カードゲームアプリとなっています。

興味がでてきた人は、無料なのでぜひダウンロードしてみてください。

 

稲川淳二の神経衰弱
開発元:ビジネスデコ株式会社

※記事に書かれている内容は更新時点のものであり、現在とは変更されている可能性あります。