スマホで使える面白いGoogle隠しコマンド・裏技を紹介!!

 

皆さんはGoogle検索をするときに、隠しコマンド・裏技があることを知っていますか?

Google検索の検索窓に、特定のキーワードを入力すると、Googleがいつもとは違った挙動を行います。

あっと驚くような、面白い隠しコマンド・裏技ばかりとなっています。

そんな、Googleの隠しコマンドの中で、スマホで使えるものを厳選してまとめてみました。

”Google”のいたずら心溢れる、ユニークなものばかりとなっています。

それでは、どうぞ。

 

スマホで使える面白いGoogle隠しコマンド・裏技

斜め

「斜め」と入力するとGoogle検索の結果画面が少し傾いて見えます。

 

斜め – Google検索

 

再帰

「再帰」と検索すると「もしかして:再帰」と表示をされます。

この「再帰」リンクをクリックすると、また「もしかして:再帰」と表示されるといった無限ループになっています。

 

再帰 – Google検索

 

一回転

「一回転」と入力をすると、画面がぐるりと大きく一回転をします。

 

一回転 – Google検索

 

blink html

「blink html」と入力をすると、「blink」と「html」の2つのワードがチカチカを点滅しているのを見ることができます。

 

blink html – Google検索

 

パックマン

「パックマン」と入力することによって、昔懐かしのアーケードゲームのパックマンをプレイすることができます。

モンスターたちの追撃をかわしながら、全てのドットが取ることを目指していくことになります。

 

パックマン – Google検索

 

スーパーマリオブラザーズ

「スーパーマリオブラザーズ」と入力することによって、はてなブロックが表示をされています。

このはてなブロックをクリックすることによって、ボックスが動き、マリオでのコインをとったときの音を聞くことができます。

 

スーパーマリオブラザーズ – Google検索

 

三目並べ、マルバツゲーム

「三目並べ」「マルバツゲーム」と入力すると、マルバツゲームをプレイすることができます。

高、中、低の3つの難易度によって、Googleのコンピューター相手に勝てるのかどうか、あなたの腕が試されることになります。

 

マルバツゲーム – Google検索

 

the loneliest number

「the loneliest number」と入力すると、電卓に1と表示されます。

”寂しい数字”は、1だということになっています。

 

the loneliest number – Google検索

 

atari breakout(画像検索)

「atari breakout」のキーワードで、通常の検索ではなく、画像検索をすると、ブロック崩しをしていくことができます。

 

atari breakout – Google画像検索

 

http://www.google.com/teapot

「http://www.google.com/teapot」とURLの入力をすると、418エラーページに、ティーポットがでてきます。

スマホを傾けると、ティーポットも傾いて、コップに紅茶を注ぐことができます。

 

http://www.google.com/teapot

 

the number of horns on a unicorn

「the number of horns on a unicorn」と入力すると、電卓に1と表示されます。

伝説の生き物である「ユニコーンの角の数」は、1本だということですね。

 

the number of horns on a unicorn – Google検索

 

人生、宇宙、すべての答え

「人生、宇宙、すべての答え」と入力すると、電卓に42と表示されます。

これは、「銀河ヒッチハイク・ガイド」というSFで、スーパーコンピューターが「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」を750万年計算した結果です。

 

人生、宇宙、すべての答え – Google検索

 

solitaire

「solitaire」と入力すると、トランプの定番ゲームである”ソリティア”をプレイすることができます。

Easy、Hardの2つの難易度によって、ソリティアで遊ぶことができます。

 

solitaire – Google検索

 

Google Hacker

「Google Hacker」と検索して、Google検索の結果で表示される「Google Hacker」のページをクリックするとハッカー版のGoogleを使うことができます。

所々で、おかしな文字列が表示されているGoogleとなっています。

 

Google Hacker

 

Google Pirate

GoogleのPirate版もあります。

「Google Pirate」と検索して、ページをクリックすることによって使うことができます。

所々で、文字列が変わっているGoogleとなっています。

 

Google Pirate

 

Google Gravity

「Google Gravity」と検索して、Google Gravityのページをクリックすることによって使うことができます。

重力によって崩れ去っていくGoogleのトップページが表示されます。

崩れた後のページでも、検索ができるようになっています。

 

Google Gravity

 

Google Space

「Google Space」と検索して、Google Spaceのページをクリックすることによって使うことができます。

無重力空間となったGoogleのトップページが表示されます。

クリックのボタンや検索窓などが、ふわふわと飛んでいきます。

 

Google Space

 

once in a blue moon

「once in a blue moon」と入力すると、1.16699016 × 10-8 ヘルツと表示されます。

ブルームーンとは、3ヶ月間に満月が4回起こるとき、その3回目のことです。

このブルームーンが、起こる周期がこの数字となっています。

 

once in a blue moon – Google検索

 

インターネット接続ができません

ブラウザの「Google chrome」でインターネット接続をしたときのエラー画面では、実はゲームをすることができます。

恐竜をタップすると、ゲームが開始されます。

タイミングよくタップすることによって障害物を避けていく、ゲームを楽しむことができます。

 

終わりに

この記事では、スマホで使えるGoogle隠しコマンド、裏技をまとめてみました。

Googleによる遊び心溢れる、楽しい隠しコマンドばかりとなっています。

Google検索で遊んでみたり、ちょっとした雑談ネタなどに使ってみてください。

※記事に書かれている内容は更新時点のものであり、現在とは変更されている可能性あります。